猫もびっくり!ペットフードの定食屋さん!

医学部再受験でも合格!丁寧なフォローが特徴の医学部予備校で短期合格を目指す!

2014.05.03


医学部再受験を目指す社会人や他学部在籍生が増加傾向にあります。

安定した給与と高い地位に憧れて、または医師として多くの人の命を救いたいなど様々な志を持って挑んでいます。

しかし、受験勉強から遠ざかっていたため、全くの一から学習をし直す必要があったり、偏差値60以上の高い学力が要求されたりするため、途中で挫折してしまう人も少なくありません。

したがって、医学部再受験生が少しでも合格できる可能性を高める方法をここでは紹介していきます。

まずは、独学はリスクが高いので辞めましょう。

東大出身者など勉強が得意で教えられるより自分で勉強したほうが効率良くできる人は別ですが、大抵の人は基礎から学習のやり直す必要があります。

したがって、いつでも質問や相談ができる講師との距離が近くて、医学部受験に特化した指導を行っている医学部予備校で勉強するようにしましょう。

医学部予備校では、医学部受験に特化しているため、無駄な勉強をする必要がありません。

さらに、豊富な受験データを基に徹底分析・研究を行っているため、効率よく対策を行うことが可能です。

特に、社会人などは年齢差別にひっかかるおそれがあるため、年齢に寛容な医学部を見極めて選択する必要があります。

情報量の豊富な医学部予備校に通っていれば、過去の合格者情報を分析しているため、志望校選びに失敗するリスクを回避することが可能です。

経済的負担を考えて大手予備校などに通う再受験生が多くいらっしゃいますが、大手は自由度が高く自己管理ができないと集中を維持するのが困難です。

いっぽう、医学部予備校は学習管理が徹底しているため厳しく感じますが、その分規則正しく学習できて丁寧なフォローも入るため、モチベーションの維持も可能です。

授業料は、大手よりも高額になりますが、1年で短期合格できれば逆に時間も費用も節約できます

教育ローンを利用できる予備校も多いため、再受験で絶対医学部に合格したい人は一度確認してみてください。

page top