猫もびっくり!ペットフードの定食屋さん!

公認会計士専門学校の学費を抑えたい人におすすめの方法とは!?

2017.06.12


公認会計士は6教科と豊富な科目をどれも広範囲にわたって学習する必要があるため、授業時間数も非常に長期にわたってしまいます。

そのため、学費も初学者であれば大手で80万円と非常に高額化です。

公認会計士試験は、大学生だけでなく社会人も多く目指す国家資格です。

したがって、なかには経済的に厳しい人も多いと思います。

ただし、経済的に厳しいという理由で独学を選ぶことはおすすめできません

個人の学習で理解できるほど容易な論点でないうえ、市販教材も充実していないからです。

そこで、今回はできるだけコストをかけずに公認会計士専門学校で学ぶ方法を紹介したいと思います。

まず、公認会計士専門学校が提供している講座は、論文式試験合格まで見据えたフルパックであることが多いです。

これを、まず短答式試験対策のみの講座にするだけでも大きく学費を抑えることが可能です。

公認会計士専門学校としても有名なLECでは、短答合格コースを348,000円で開校しています。

勉強も短答合格、論文合格とステップアップ方式で対策できるため、一気に学習するよりも負担が軽く、社会人でも学びやすいの特徴です。

次に、学費を抑える方法としては、通信講座を選択することです。

大手の公認会計士専門学校では、通学と通信の学費に差を設けていませんが、通信専門のクレアールではお手頃な学費で受験対策を行うことが可能です。

クレアールでは通信に特化することで賃料や人件費などの圧縮に成功し、キャンペーン特典を上手に利用できれば400,000円程度で学ぶことも可能です。

通信は、自己管理ができないと学習の継続が困難になりがちですが、最近ではタブレット端末やスマホでも講義が視聴できるので、時間や場所を選ばず自由に勉強できるメリットがあります。

公認会計士試験は、人手不足になった今でも難易度は難しいままです。したがって、合格を目指すなら独学をせずに、少しでも学費負担が軽減できる選択肢を選ぶことをおすすめします。

page top