猫もびっくり!ペットフードの定食屋さん!

公認会計士を目指すなら終日勉強に専念できる専門学校がおすすめです!!

2014.08.31


公認会計士試験は、有資格者数を増やすために2006年度から新試験制度が適用され、一時は4,000名を超える合格者を輩出していましたが、リーマンショック以降の不景気による監査法人の採用枠削減や、一般企業からの需要が予想以上に低かったため、試験合格者の就職問題が深刻化していました。

これに伴い、合格者数は毎年減少していき、2013年度は合格者数1,178名、および合格率8.9%と非常に難化しています。

公認会計士を目指す場合、独学では上に困難なため、受験生は一般的に資格の予備校などが開講している公認会計士講座を利用しています。

そして、働きながら目指している人もいますが、合格者のほとんどは専念組なので学校にこもって終日勉強しています。

そこで、難易度の非常に高い試験と舞い戻ってしまった公認会計士を目指すなら、全日制で学べる専門学校が提供している会計士コースがおすすめです。

全日制や専門課程なら、朝から晩まで担任制で勉強ができるため、自己管理が苦手な人でも集中して取り組むことが可能です。

また、クラス制を採用しているので、自習室などの心配がありません。

資格予備校でよく問題になるのは自習室の空き状況です。

週末や夜間などは、授業や利用者も多いため、自習室が満席なんてこともあります。

しかし、専門課程や全日制なら教室がそのまま自習室として利用できるため、いつでもあき状況を心配せずに勉強できます。

また、専門学校なら少人数指導はもちろん、定期的な確認テスト、面談などを通じた徹底的なフォローが受けられるため、資格予備校に比べて自由度は低いですが、その分授業に専念できる環境が整っています。

実際、本科生と全日制両方を提供している専門学校では、全日制のほうが合格率が高いという結果が出ています

したがって、短期合格を目指している人は専門学校の公認会計士コースも検討してみましょう。

公認会計士 専門学校はコチラ

URL:xn--6oq69csyk568c7sa.biz

page top