猫もびっくり!ペットフードの定食屋さん!

公認会計士専門学校を実績や歴史で選ぶならやっぱりTAC

2017.10.31


公認会計士を目指す場合、独学ではなく専門学校や予備校に通うのが王道となっています。

現在、公認会計士が目指せる専門学校は沢山ありますが、実績や歴史で選ぶならやっぱりTACしかありません。

TACはもともと会計士を目指す受験生を対象に創立された専門学校であり、今では公務員や税理士などたくさんの資格で高い合格実績を誇っていますが、やはり公認会計士講座の認知度および実績の高さは群を抜いています

公認会計士合格者数は累計7,548名とトップクラスで、多くの合格者が業界で活躍しています。

TACが他校と違うのは、講師を公認会計士試験合格者にこだわっているという点です。

試験合格者が自ら指導に当たっているので説得力があるのはもちろん、監査法人に入ってからの実務など貴重な話をたくさん聞くことができるのでモチベーションも高く維持できます。

合格者だから指導力が高いわけではないですが、授業は分かりやすいと感じている人が多いようです。

ライブの授業だけでなくDVDの講義も視聴できるので、分かりにくいと感じたら講師を変えて受講すれば良いでしょう。

講義は複数回実施されているので自分の都合に合わせて受講することが可能です。

また、テキストや問題集などの教材も評判で、他の参考書など利用しなくても教材を何度も繰り返し楽手すれば合格できると言われています。

あと、合格後の就職を見据えたサポートも充実しています。

大手監査法人の見学会があったり、面接対策があったりと最後までサポートしてくれる面倒見の良さは魅力です。

公認会計士の就職状況は依然と比べて大幅に改善しており、今では売り手市場になっているので合格できれば希望の監査法人に入れると期待して良いでしょう。

ただし、氷河期が過去に合ったようにいつまた就職難になるかは分かりません。

なので、今のうちに合格してしまうことが重要となります。

TACは、説明会や体験授業などたくさん企画しているので、公認会計士を目指している人は一度足を運んでみると良いでしょう。

入会金が免除になる特典なども用意されているので参加必須です。

page top